ベトナム語学習の決定版、ベトナム語勉強するならこれを使え!

記事の概要

Kazuki
Kazuki

結論から言うと『みんなの日本語初級I 第2版 翻訳・文法解説ベトナム語版』を買うと勉強が捗りますぜって言う記事です。

『みんなの日本語シリーズ』って?

最初の一年は、当ブログで以前紹介したベトナム語の勉強法と教科書で満足していました。

【ベトナム語の学習方法】僕がどうやってベトナム語を勉強したか?
近年、ベトナム語は日本でも多くの人に学習されるようになっているようです。 しかし、まだまだ日本ではマイナーな言語で、ベトナム語関連の書籍は高いです。 日本で手に入る某ベトナム語教科書は上下巻で各3000円ほどです… ベトナムなら書籍は...

ですが、実際にベトナムに住んでみて、上記の教科書の使用頻度はだんだん下がってきました。
教科書の練習問題を何度か解くと慣れて飽きますしね。

現地で新しい教科書を探したんですが、ネイティブチェックが入っていないのか安かろう悪かろうの教科書だらけでした。
変な日本語が載っているのでいちいち不安になります。

そんな中、確実に品質が保証されている書籍がありました。
それが、『みんなの日本語初級I 第2版 翻訳・文法解説ベトナム語版』です。

日本語教師の方なら当然ご存知のことかと思います。

知らない方に説明しますと、スリーエーネットワークから出版されている外国人用の日本語学習書です。
多くの日本語学校では、この『みんなの日本語シリーズ』をベースに教案を作成し、授業を行っています。

日本語教師は日本語を教える時、学習者が『みんなの日本語シリーズ』の何課まで学習済みかで学習者の日本語能力を推測したりします。
例)この学生は第〇〇課まで学習済みなので、この語彙や文法は理解できるかな、などです。

さらに日本語教授法は直接法を採用していて、日本語のみを使用して学習者に日本語を教えます。(現場では必ずしもそうではありませんが…)

で、この『みんなの日本語シリーズ』、日本語を母国語としない人の補助教材として、翻訳・文法解説が各国語で出版されています。
(前述のとおり、直接法で教える場合の補助教材として、翻訳版が必要なことがあるためです。)

これを上手く活用できれば、最高のベトナム語教材になるはずです。
また、ベトナム語だけではなく、ほかの言語にも応用できます。

話のネタにもなる『みんなの日本語シリーズ』

日本語学習者のベトナム人の多くは、母国で『みんなの日本語シリーズ』を使用し勉強して日本に留学します。
『みんなの日本語シリーズ』でベトナム語を勉強することは、平易な日本語を話すことができるようになる嬉しい副作用もあります。
具体的には、何課でどんな文法や語彙を勉強してきているのかを把握できるので、語彙をコントロールして相手が分かりやすい言葉で話すことができるようになります。

さらにベトナム人の知り合いがいる場合、お互いに教えあいながら課を進めることができます。
これはなかなかいいと思います。

説明したとおり、『みんなの日本語シリーズ』は日本語教師にとってのバイブルのようなものなので、使用者が多くネットでも質問しやすいと言うのもの大きなメリットです。

終わりに

『みんなの日本語シリーズ』でベトナム語を勉強するとメリットが多いのでぜひ買うべきですぜっていう記事でした。
比較的日本でも容易に手に入りますので、
– 『みんなの日本語 初級I 第2版 本冊
– 『みんなの日本語 初級II 第2版 本冊
– 『みんなの日本語初級I 第2版 翻訳・文法解説ベトナム語版
– 『みんなの日本語初級II 第2版 翻訳・文法解説 ベトナム語版
をセットで持っていれば何かしらの役には立ちます。

日本語を母国語としない日本語学習者に接する全ての人におすすめです。

コメント