こんにちは、お兄さん・お姉さん!ベトナム語であいさつ

Xin chào、ハーです。

「Xin chào(シン チャオ)」というあいさつ、ガイドブックなどでは、必ずと言っていいほど紹介されていますが、
実際ベトナムに住んでいると、「Xin chào」というあいさつはめったに使いません。

ベトナム語のあいさつ

ベトナム語のあいさつといったら、「Xin chào」。
ですが、現地では意外と日常生活で使われることが少ないようです。
「Xin chào」の「Xin」はていねいなあいさつに使います。
例えば、初対面のフォーマルなあいさつや、スピーチなどです。
「ありがとう」を意味する「cám ơn」。これに「Xin」をつけて、「Xin cám ơn」。
「どうも、ありがとうございます。」といったところでしょうか。

では、普段使うあいさつはどういったものなのでしょうか。
日本でも、いつもいつもていねいな言葉づかいで話すわけではないように、ベトナムでも同じく、
親しい人と話すときや日常生活の中では、ていねいではない言葉づかいをします。
若い男性の人称は「anh(アン)」といいます。
若い男性にあいさつするときは、
あいさつの「chào」に「anh」をつけて、「chào anh」というふうにあいさつします。
「chào + 人称」は「Xin chào」よりも親しみのあるあいさつです。

ベトナム語の人称のルール

ベトナム語の人称は相手との年齢や、立場など、関係によって変わります。
相対的なよび方ですね。
基本的に呼び方は年齢で判断します。僕と同年代や、ちょっと年上の男性には、「anh(アン)」、ちょっと年上の女性は「chị(チ)」と呼びます。年下を呼ぶときは、男性も女性も「em(エム)」です。
ですが、立場によって、この呼び方も変わる場合があります。

例えば、教師と学生。
学生の方が年上でも相手のことを「em(エム)」と呼びます。
学生が教師を呼ぶときは、「anh(アン)」・「chị(チ)」ではなく、男性教師のことを「thầy(ターイ)」・女性教師のことを「cô(コー)」と呼びます。
ややこしいです。

さらに!親族の間でも変わってきます…
例えば、僕の彼女のお母さんは兄弟姉妹の中で、一番上です。
他の兄弟姉妹の子供(いとこ)に対しては、年上でも、「em(エム)」と呼びます。
慣れないと難しい…
おじさん・おばさん(母の兄弟姉妹)を呼ぶときも、母の家系の人か、そうでないかで変わります。

ベトナム語の人称色々

ベトナム語の人称は相手との関係や年齢によって変わってくるので、例でよく使うあいさつをまとめてみます。

僕(25歳)が若いお兄さん(26~30歳)にあいさつする場合
→「chào anh(チャオ アン)」

僕(25歳)が若いお姉さん(26~30歳)にあいさつする場合
→「chào chị(チ)」

僕(25歳)が男の子・女の子(~24歳)にあいさつする場合
→「chào em(チャオ エム)」

僕(25歳)が男の子・女の子(~24歳)にあいさつする場合
→「chào em(チャオ エム)」

僕(25歳)がおじさん(40~50歳)にあいさつする場合
→「chào chú(チャオ チュー)」
※甥っ子は叔父さんを呼ぶときも、「chú (チュー)」と言います。僕は甥っ子から、「chú (チュー)」と呼ばれます。

僕(25歳)がおばさん(40~50歳)にあいさつする場合
→「chào cô(チャオ コー)」

コメント