ダナンで日本語教師をする。ダナンでの給与と生活

Xin chào、ハーです。

大学卒業後、日本語教師養成講座を受講したあと、ダナンで日本語教師として働いています。

ベトナムでの就職活動

ベトナムでの就職活動は主にコネを使って、会社を探しました。
留学生の友達の知人や、彼女の知人経由で求人を探し、自分に合いそうな仕事に応募してみるというものでした。(日本語教師以外の求人も)

新卒の面接と違って、かなり具体的な内容を話しました。
一番困った質問は、給料はいくら欲しいかというものです。
現地の給与水準がなかなかわかりにくいです。
現地で働く日本語教師に聞いてみたことがありますが、言いたくないとのことで、知ることができませんでした。

ダナンでの給料と生活

現在、僕の給料はベトナムドンでの支払いで、12000000ドンです。
日本円で約6万円前後でしょうか。

日本円にすると、かなり低い額です。日本でアルバイトするよりもかなり低い…

僕の場合、彼女の家に住んでいるので、家賃・食費は月1万ほどを彼女の両親に渡して生活しています。
残りの5万のうち、4万5千円は貯金して将来ダナンで土地と家を買おうと考えています。
残り5千円はジュースや日々の職場近くでの食事に使っています。

彼女の家に住むことで、生活全般のことでかなり助かっています。
知人の日本語教師や、同僚の日本語教師の方は、言葉の壁もあり、かなり生活が厳しいようでした。
非常勤講師で、給与は約1万5千円(住居費は学校が払っています)
学校側で用意してもらった家には冷蔵庫がなく、食糧の保存が難しいので、スパゲッティやインスタント麺、バインミーなどを毎日食べているようでした。
ベトナムでの食べ物は安いとはいえ、日々積み重なると、結構な額になります。(給与に対して)
その先生の家賃は学校が払っているようですが、インターネット代と電気代(たしか3000円くらい)は自分で払っていました。

金銭面だけでなく、精神的にもきつくなる時期があります。
日本の常識や、固定観念を持って海外で暮らすと、かなりのストレスになる可能性があります。
「なんで、そうなんだ!」「日本じゃ…なのに。」生活に、不満がつきものです。
交通ルールや生活、マナーも違うことが多いです。
同僚の先生は3か月ほど生活して、日本がだいぶ恋しくなったようでした。

まとめ

ダナンでの日本語教師の給料はだいたい5~7万円位です。
いきなり、海外へ飛び出して暮らしていくのは、そんなに楽じゃありません。
ある程度住みたい場所の下見をしたり、人脈など現地での生活の地盤を固めたうえで行くのがいいです。いきなり飛び出していくと、痛い目にあいます。

コメント